三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック > 年金・医療 > 健保組合の平成30年度予算 1,381億円の赤字に

年金・医療

健保組合の平成30年度予算 1,381億円の赤字に

2018/05/09

 健康保険組合連合会から、「平成30年度健保組合予算の早期集計結果の概要」が公表されています(平成30年4月23日とりまとめ)。    これによると、平成30年4月1日現存の1,389組合の予算状況は、1,381億円の赤字で、赤字組合は全体の62.3%。  義務的経費に占める高齢者等の拠出金の割合は45.8%で、拠出金が義務的経費の5割以上を占める組合は283組合。  平均保険料は9.22%で、11年連続の増加。  協会けんぽの平均保険料率(10.00%)以上の組合は313組合となっています。  また、介護保険料の2分の1総報酬割が満年度化したことなどから、1人当たりの介護納付金は、前年度比3.6%増の9万6,496円となっています。  詳しくは、こちらをご覧ください。 <平成30年度健保組合予算早期集計結果の概要(けんぽれん)> https://www.kenporen.com/include/press/2018/20180423.pdf

TOPへ戻る