三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック > 税理士&行政書士業務

税理士&行政書士業務

 ナデックは、税理士&行政書士業務についてもワンストップでサポート致します。

 税理士事務所ナデック&行政書士事務所ナデックは、地域密着型・お客様ファーストで高品質のサービスの提供をし、中小企業のトータル経営サポーターとして経営課題の解決に真摯に取り組んでいく事をお約束いたします。

税理士事務所ナデックの特徴

 税務書類の作成・申告、決算対策、新規開業支援、巡回監査指導、税務調査対応、等々、一般的な税理士業務に加え、下記の点を特徴としております。

・未来会計に強い!

 未来会計とは、経営者の未来像と現在の状況との差を認識し、その未来像に到達するための課題を抽出し、問題解決にあたるための手段としての会計技術をいい、いわば経営者の未来像への道しるべであると言えます。
過去の結果である試算表について、経営分析をし、課題を抽出することももちろん必要です。

 しかし、さらにもう一歩踏み込んで、

① 売上を上げるには?
② 資金繰りを良くするには?
③ 生産性を上げるには?

といった課題について具体的にどうすればよいか、具体的に何をやるかが大変重要になってきます。

 そのためにも、

① 中期経営計画書の策定
② 単年度行動計画の策定
③ 課題抽出
④ 資金繰り改善

 のプロセスが必要不可欠です。

 税理士事務所ナデックでは、事業計画書を通じて、未来を見据えた提案型会計業務を推進致します。

・相続・事業承継に強い!

 基礎控除が下がり、相続税はもはや一部の富裕層だけの問題ではなくなっています。また、近年、事業承継税制が大幅に緩和され、一定の要件の元、無税で非上場株式が納税猶予(平成39年12月までの時限立法)といった特例措置が創設されています。

また、民法の相続法も改正が行われ、我が国の相続制度が抜本的な変化の時代に突入しております。

 このような時代において、資産は大切な方のために上手に遺したいものです。
そして、相続対策、事業承継対策は、生前の対策次第では、相続税は大きく違ってくるため、下記の事前の対策が大変重要となってきます。

①争族対策

相続対策は「争族対策」であるとも言えます。個人の権利意識の高まりや、景気低迷といった社会的背景から、遺産分割調停事件は年々増加しています。
相続人が揉めて、遺産分割協議で合意が出来なければ、財産の分割や名義変更、換金などが出来ず、相続税の納税に支障をきたしたり、税制上の特典である、配偶者控除、小規模宅地等の特例なども適用されずに、税負担が大きくなってしまいます。
そのため、争族対策は何よりも大切で事前の準備・対応が重要です。

②節税対策

節税対策は、一次相続だけでなく、二次相続や、相続後の相続人の生活や財産等の状況を総合的に考慮して、長期的な視点に基づいた節税策が必要となってきます。

生前贈与、不動産活用、生命保険の活用、小規模宅地等、を活用し、節税に努めます。
節税対策のコツは、早く始めて継続することです。
生前にきちんと準備をしておくことで、相続税を抑えて負担を軽減することが可能です。生きているうちに相続の準備をしておくことでより本人の意思を反映させることができますから、元気な内からきちんと相続について考えておくことが大切です。

③納税対策

いくら、節税できたとしても納税資金がなければ、相続放棄や最悪のケースは相続破産となってしまいます。主たる相続財産が不動産や非上場株式である場合など換金性の乏しいものである場合は、売却や物納という事になってしまいます。財産を失わなくてもすむように、やはり事前の検討が大変重要となってきます。
 
 税理士事務所ナデックでは、将来発生する相続に備え、事前の対策をしっかり行い、効果的な相続対策の提案を行っていきます。

・バックオフィス・ITに強い!

 クラウド会計、情報デジタル化、ITツール活用等により、従来、人の手で行われていたデータの入力作業が自動化され、人は振り分けられた項目をただ確認するだけの時代となり、大幅な手間の削減と時間の削減が可能となりました。作業が減った分、人間はもっと付加価値の高い業務に時間を割けるようになります。

 会計業務は、クラウドやAIといった新たな技術を取り入れながらも増々進化を続けていくというのは必然の流れでしょう。
税理士事務所ナデックでは、新たな会計システムの導入、バックオフィス業務の効率化を通じて、生産性向上を推し進めます。またSEの経験もありますので、業務システムの構築にも対応していきたいと思います。

・消費税に強い!

 消費税法が改正され、2019年10月に税率が10%に上がります。それだけでなく、軽減税率の導入や区分請求書及び適格請求書等保存方式が導入されます。また、ポイント還元制度が予定され、消費者が中小店舗で商品やサービスを購入する際に、キャッシュレス決済(クレジットカードや電子マネーなど)にて代金を支払った場合には、購入額の数%程度のポイントが付与される制度が予定されています。

 税務だけに留まらず、複数税率に対応するため、会計システム変更やレジ入替、キャッシュレス決済端末の導入、教育等、多岐の検討課題が出てきています。また、これらの導入に伴う費用を補助する「軽減税率対策補助金制度」等の活用も欠かせません。
税理士事務所ナデックは、消費税法に長けた税理士ですので安心して御相談いただけます。

・資金繰りに強い!

 中小企業経営者の最も頭を悩ませる問題の1つが「資金繰り」ではないでしょうか?
企業活動を行うなかで、資金繰りは切っても切れないほど大切な経営者様の仕事の一つです。

 「勘定合って銭足らず」

 昔から良く言われることですが、キャッシュフローを正確に把握できないために、最悪の場合、資金ショートを起こしてしまって、倒産してしまうという事態も見受けられます。その理由は、利益と資金繰りは異なるからです。

 利益が出ていても、在庫投資や設備投資にお金がかかり、資金繰りが苦しくなることがあります。その逆に、本来、利益が出ていないのに現金売上があったためにとりあえず資金が回っている会社もあります。
 会計上の利益と資金繰りとは、異なる概念であり、ともに企業を経営する上では常にウォッチしなければならない重要な経営指標です。

 税理士事務所ナデックは、ファイナンシャルプランナーでもあるため、キャッシュフロー経営を推し進め、資金繰り予想と様々な税務対策・補助金等制度支援・金融機関対応策により、資金繰りが長期に渡って安定するようお手伝い致します。

企業経営者の最も頭を悩ませる問題の1つが「資金繰り」ではないでしょうか?
ファイナンシャルプランナーとして、資金繰り予中小想と様々な税務・金融機関対応策により、資金繰りが長期に渡って安定するようお手伝い致します。

行政書士事務所ナデックの特徴

 会社設立・各種変更手続き、建設業許可など各種許認可の申請手続き、補助金・創業融資、契約書作成・変更などの企業法務を中に、下記の業務に取り組んでおります。

・会社設立に強い!

 ①ナデックでは電子定款を利用いたしますので、ご自身で設立するより、定款印紙代(40,000円)の分だけ安くなります!
 ②一般的な法人形態である株式会社はもとより、合同会社やNPO法人、一般社団法人等の設立手続きも安心してお任せいただけます。
 ③私どもでは、10年以上に渡って三重県の地元密着で起業支援に携わってきた経験を
活かして、会社設立の手続きはもちろん、許認可、創業融資、助成金の申請、社会保険等の開業時の手続きを一括してサポートさせていただきます。 
 ④新たに事業を開始する方はもちろん、個人事業を法人化したいという方からのご依頼も歓迎です。
 ⑤法人化のタイミングやメリットについてのアドバイスのほか、事業部門の分社化などの複雑な事案にも対応させていただきます。

・建設業許可に強い!

 私たちは三重県内の建設業の皆様の許可申請や諸手続きのご支援に積極的に取り組んでいます。建設業の許可申請や経営事項審査(経審)、各種変更届等の手続きのことなら、お任せください。新たに建設業を開業する方はもちろん、今後500万円以上の工事を請け負いたいという方からのご依頼も歓迎です。

 建設業許可、その他の手続きを三重県内の事業所様限定で、安心プライスでご案内しております。初回のご相談はもちろん無料ですので、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 こんなお悩みにも、私たちがまるごとサポートいたします!

 ☑ 建設業許可を取得したいけど、なかなか必要な書類が揃わなくて心配!
 ☑ 普段は500万円未満の工事しか受注しないけど、これからのことが心配!
 ☑ 許可取得後の決算変更届、許可更新、各種変更届、経営事項審査が心配!
 ☑ 建設業許可は取得したものの、これからの社会保険の加入のことが心配!
 ☑ ずっと個人事業なので、元請への請求書や契約書等が未整備なので心配!
 ☑ 個人業のため白色申告していて貸借対照表や損益計算書がないので心配!
 ☑ 地域や業界ならではの法律・手引き解釈や建設事務所の行政対応が心配!

・契約書作成に強い!

 労働者派遣事業に類似の事業形態に、請負契約に基づく請負業務があります。適切な請負を行うためには、請負についての正しい理解に基づいて環境整備を行った上で、派遣法や民法等の法令と実態の両面から十分にチェックを入れた請負契約書を交わす必要があります。世間に出回っている雛形的な契約書で済ませることのリスクはあまりにも大きく、取り返しのつかないことにもなりかねません。請負契約書の作成やチェックのことなら、請負業務への支援実績も豊富な私どもに安心してご相談ください。

①請負契約書作成代行

 会社や契約内容の実態に応じた請負契約書を新規に作成します。ケースに応じた作成が可能です。

②請負契約書チェック・加筆修正

 請負契約書の内容について法律面、実態面からのチェックを行い、ご依頼に応じて部分的な加筆・修正を行います。

③請負業務の専門家との顧問契約

 経験豊かな請負業務の専門家(行政書士+社会保険労務士)が、あなたの会社の法務&労務顧問をお引き受けします。

 行政書士業務の詳細については、以下のサイトをご覧くださいませ。
  

http://mie-gyosei.com/


TOPへ戻る