三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック > 法改正情報&トピックス > 「働く人がAI等の新技術を主体的に活かし豊かな将来を実現するために」 労政審の部会が報告書

法改正情報&トピックス

「働く人がAI等の新技術を主体的に活かし豊かな将来を実現するために」 労政審の部会が報告書

2019/09/12

   厚生労働省から、労働政策審議会労働政策基本部会が取りまとめた報告書が公表されました(令和元年(2019年)9月11日公表)。
 
   報告書では、AI等の新技術に代表される第四次産業革命がグローバル化と相まって進展し、仕事の在り方が変化していることや、人口減少が加速し、職業生涯が長期化していることなどに鑑み、質の高い労働の実現のためのAI等の活用が必要であり、また、AI等の普及により求められる働き方の変化に対応していくことが必要としています。
 
   報告書を取りまとめた基本部会は、「本報告の内容を踏まえた、労使間の議論を期待。労働政策審議会の関係分科会等での必要な検討も求めたい。」としています。
 
  詳しくは、こちらをご覧ください。
<労働政策審議会労働政策基本部会/報告書>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06697.html

TOPへ戻る