三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック > 法改正情報&トピックス > 全世代型社会保障検討会議 菅政権発足後初開催 少子化対策について議論

法改正情報&トピックス

全世代型社会保障検討会議 菅政権発足後初開催 少子化対策について議論

2020/10/16

 首相官邸において、令和2年10月15日に開催された「第10回 全世代型社会保障検討会議」の資料が公表されています。

 今回の検討会議では、少子化対策について議論が行われました。

 この日の議論を踏まえ、菅総理は次のように述べています(ポイントを抜粋)。

●若い人たちが将来も安心できる、全世代型社会保障制度を構築していく。

 まず、当事者の気持ちに寄り添いつつ、出産を希望する世帯を広く支援し、ハードルを少しでも下げていくために、不妊治療への保険適用を早急に検討し、本年末に工程を明らかにする。また保険適用までの間は、現行の助成措置を大幅に拡充する。

 また、待機児童の問題については、保育園のほか幼稚園、ベビーシッターなど地域のあらゆる資源を活用し、この問題に終止符を打つべく、本年末に新たな計画を定める。

 さらに、夫の休日の家事・育児時間が長い夫婦ほど、第2子以降が出生する割合が高いという調査結果もある。出産直後の時期に、男性が育児休業を取得しやすくする制度の導入を図っていく。

 なお、この検討会議では、本年末に最終報告を取りまとめる予定ということですが、それまでに間に、75歳以上の医療費自己負担についての検討も進められるようです。動向に注目です。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<第10回 全世代型社会保障検討会議>
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202010/15zensedai.html


TOPへ戻る