三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

HOME » 労働法, 法改正情報&トピックス » 技能実習先への監督指導等 労働基準関係法令違反約7割

技能実習先への監督指導等 労働基準関係法令違反約7割

2017/08/10

 厚生労働省は、平成29年8月9日、全国の労働局や労働基準監督署が、平成28年に技能実習生の実習実施機関に対して行った監督指導、送検等の状況について取りまとめ、公表しました。 【平成28年の監督指導・送検のポイント】  ●労働基準関係法令違反が認められた実習実施機関は、監督指導を実施した 5,672事業場(実習実施機関)のうち 4,004事業場(70.6%)。  ●主な違反事項は、   ①労働時間(23.8%)、➁使用する機械に対して講ずべき措置などの安全基準(19.3%)、③割増賃金の支払(13.6%)の順に多かった。  ●重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは 40件。  外国人技能実習制度は、外国人が企業などでの実習を通して技術を習得することにより、母国の経済発展を担う人材となるよう育成することを目的としています。しかし、実習実施機関では、労使協定を超えた残業、割増賃金の不払い、危険や健康障害を防止する措置の未実施などの労働基準関係法令に違反する事例が依然として存在しています。  今回の状況をみても、労働基準関係法令違反が約7割ということですが、厚生労働省は、実習実施機関に対し、労働基準関係法令などの周知・啓発に努めるとともに、労働基準関係法令違反の疑いがある実習実施機関に対しては監督指導を実施するなど、引き続き、技能実習生の適正な労働条件と安全衛生の確保に重点的に取り組んでいくとのこです。  また、度重なる指導にもかかわらず法令違反を是正しないなど重大・悪質な事案に対しては、送検を行うなど厳正に対応するとのことです。  詳しくは、こちらをご覧ください。 厚労省:「外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成28年の監督指導、送検等の状況」 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000174090.html
ページの先頭へ

著書紹介


地元三重の企業様を応援します!地域サービスNo.1宣言!
社会保険労務士法人ナデック/株式会社ナデック

代表 社会保険労務士 小岩 広宣
〒510-0244 三重県鈴鹿市白子町2926
パレンティーアオフィス101号室(アクセスマップ
フリーダイヤル 0120-073-608
TEL:059-388-3608 / FAX:059-388-3616
E-mail:info@nudec.jp
営業時間:10:00~18:00(土日祝休み)

サービス提供エリア 四日市市、鈴鹿市、津市、松阪市、桑名市、伊勢市、伊賀市をはじめ三重県全域と名古屋市など愛知県西部地域対応!

インターネットからのご相談・お問い合わせはこちらから