三重県鈴鹿の社労士事務所 地元三重県(鈴鹿市、四日市市、津市、亀山市)の企業様を応援!就業規則や労務問題、助成金や給与計算でお困りの方はご相談ください

三重 鈴鹿 四日市 津市 社会保険労務士(社労士)法人ナデック > 事務所紹介(私たちについて) > 上級個人情報管理士について

事務所紹介(私たちについて)

上級個人情報管理士について

「上級個人情報管理士」資格

社会保険労務士法人ナデック代表社員の小岩広宣は、一般社団法人個人情報管理協会が認定する「上級個人情報管理士」資格を取得しました。

上級個人情報管理士とは?

「上級個人情報管理士」資格とは、「個人情報保護法に添った個人情報の概念や保護対策の理解」と「実際の企業実務上、個人情報の管理・運用を行っていく上で必要な知識や能力」 を一般社団法人個人情報管理協会が認定する資格です。

この資格を取得することで、企業・団体において以下の活動が可能となります。

・個人情報保護・管理に関する組織内での教育指導の実施
・企業・団体内における個人情報保護・管理に関するPDCAサイクル運用の実施責任者
・個人情報に関する内部監査員
・企業・団体全体、または部門における個人情報管理責任者


マイナンバー制度の施行にともない、新たに社労士として求められる役割も加わることで、今後は社会保障や労務管理の知識や経験に加えて、個人情報保護やJIS Q 15001、マイナンバー(特定個人情報)の資質も有するエキスパートである必要があります。

もとより両者は実務において切っても切り離せない関係にあることから、一定の能力担保を得る必要から、自社のマイナンバー対策も推進する意味も踏まえて、この資格を取得しました。

弊社は、今後も個人情報保護およびマイナンバー対応に関するコンプライアンスの実現に全力を尽くす中で、スタッフ一同、質の高いサービスを提供して参ります。

 

社会保険労務士法人ナデック
代表社員 小岩 広宣


TOPへ戻る